So-net無料ブログ作成
エンジンオーバーホール ブログトップ
前の10件 | -

EJ20Gエンジンオーバーホール [エンジンオーバーホール]

BD5レガシィやカシミアイエローのGC8などと並行して作業を進め
ていたエンジンがあります。レアになってきたアプライドC型イン
プレッサのEJ20G型エンジンです。
27-1.jpg
27-2.jpg
27-3.jpg

WRXはオープンデッキ。計測した結果はシリンダーの歪みがありま
した。クーラントの様子からヒート歴もありそうです。
27-6.jpg
27-4.jpg
27-5.jpg

新品ブロックは後期用を流用します。これも計測してスタンダード
の中でサイズを選定します。
27-7.jpg

バリ取りしたシリンダーブロックはよ~く洗います。
27-30.jpg

オリジナルピストンは生産終了なので後期WRX用に。スカート寸法
がかなり変わりますね。使えれば強度のありそうなピストンです。
27-17.jpg

コンロッドやクランクはGDB用を流用。強化を図ります。
27-8.jpg

ブロックにメタルをセット。ペーストを塗って準備。
27-9.jpg
27-11.jpg

コンロッドを組み込んだクランク。GCに比べてロッド強そうです。
27-12.jpg

ブロックにクランクをセットします。対面のブロックを載せる準備。
27-13.jpg

ワイヤーを通してシリンダーにコンロッドが入るようにして、組み
合わせます。
27-14.jpg

トルク締め。ジャイロ付きのトルクレンチが便利です。
27-15.jpg
27-16.jpg
27-20.jpg

ピストンリングとピストン。エンジンに入ってしまうと見えなくな
るのが残念なほどキレイですよねぇ。
27-19.jpg
27-18.jpg

スライダーを使ってピストンを挿入していきます。
27-21.jpg
27-22.jpg

ピストンピンはブロックのサービスホールから。サークリップもロ
ングノーズプライヤーで組み付けます。
27-23.jpg
27-24.jpg

オイルパンを組み付けてシリンダーブロック側はひと段落です。
27-31.jpg

バルブのすり合わせ。当たり幅を広げ過ぎないように荒れたシート面
を修正します。終えた頃のメカはちょっと耳鳴りが…
27-25.jpg
27-26.jpg

ヘッドも洗浄後組み付け作業。バルブをセットしていきます。
27-28.jpg
27-29.jpg

燃料系もメンテします。インジェクターをIRSさんでオーバーホール
してレベリングインジェクターで噴霧量を揃えてもらいます。これが
結構効くんですよ、エンジンの調子に。
27-27.jpg

あ~長々と書いちゃいました。最後まで読んで頂いてありがとうござ
います。

(株)クロスロード小山
http://www.crossload.co.jp/
mailto:crossload.koyama@nifty.com

nice!(0)  コメント(0) 

GC8ベースエンジン分解 [エンジンオーバーホール]

現車に載っているエンジンがブローしたというGC8のオーナー様か
らの依頼で、ベースエンジンを使ってのオーバーホールです。補器
類付きで送られてきました。
15-2.jpg

分解を進めて汚れはあったものの、割と程度の良いエンジンかなと
思っていたのですが…バイト目も残っていますし。
15-9.jpg

計測してみたら、痛恨なところが見つかりました。シリンダーの歪
みです。スラスト方向に広がって真円度が限度を超えてしました。
15-1.jpg

ブロックは修正でいくか交換するか迷うところです。ピストンも
社外か純正O/Sにするかなど、オーバーホール方法は色々です。
たたき台のプランを立ててご提案しますので、もう少しお待ちく
ださい!
15-6.jpg
15-7.jpg
15-10.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

EJ22GRエンジン慣らしへ [エンジンオーバーホール]

作業が押しに押してしまったEJ22エンジンですが、ようやく始動し
て慣らし運転にたどりつきました。
14-1.jpg
14-2.jpg

ちょっとした部品の入荷が遅れたのが原因だったのですが、たった
一個の部品が無いだけでも組み上がらないんですよね車って。なん
とか代品を用意できたので、ここまできました。
14-0.jpg

組み上げの様子をざっくりと・・・
14-3.jpg
14-5.jpg

燃焼室やクラウン部の容積を図ってガスケットを選定。ヘッドスタ
ッドが入ると雰囲気違いますね。
14-6.jpg

強化メインボルトに加えてバッフルステフナーも。
14-7.jpg

東名のカム。これがパワーの源なんですよ。
14-9.jpg
14-8.jpg
14-10.jpg

搭載はみんなで。若手もがんばってます!
14-11.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

GC8Gエンジオーバーホール [エンジンオーバーホール]

GC8の最終G型、希少なカシミアイエローのインプレッサはエンジ
ンオーバーホールでお預りしています。
25-1.jpg

走行は10万キロに満たない状態のよい個体です。エンジンから僅か
な異音が出始めていますが、今の内なら部品も抑え目でできるかな
とO/H着手です。エンジンスタンドに掛けて分解待ち。
25-2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

GRBエンジン組み立て [エンジンオーバーホール]

今はエンジンらしい形になっているGRB用のEJ20。ちょっとさか
のぼって組み立ての様子を紹介します。
21-0.jpg

ピストンやメタルのクリアランスを確認したブロックは、キレイ
に洗浄して組みたて用のスタンドに。メタルにはペーストを塗っ
てスタンバイ。
21-1.jpg
21-2.jpg

組み付け前に確認したピストンやコンロッドの重量はピッタリ
でした。コンロッドをクランクに組み込んで、片方のブロック
にセットします。
21-3.jpg
21-4.jpg
21-6.jpg

2番4番にブロック通し用のケーブル結んでおきます。このあとは
ちょっとパワープレイ。シールを気にしながら二人両手をフルに
使ってブロックをドッキングです。
21-7.jpg
21-8.jpg

メインボルトはARP製。両サイドから規定トルクで締め付けます。
21-5.jpg
21-9.jpg 
21-10.jpg
21-11.jpg

このあとはまた・・・


nice!(0)  コメント(0) 

EJ22ストローカーキット [エンジンオーバーホール]

東名パワード製のEJ2.2リッターキットです。オーバーホール中の
GRBインプレッサはチューニングを加える事になりました。今日は
オーナー様と打ち合わせです。
26-1.jpg
26-2.jpg

ストロークアップのSTROKER KIT。コレを生かすためにもカムシ
ャフトやタービンも変更します。あれこれ考えるこのタイミングは
悩みどころですけど、ワクワクする時でもありますよね。
26-3.jpg
26-4.jpg

O/Hのきっかけになったのは、エンジンからの異音です。激しい打
音からエンジン分解となりました。
26-5.jpg
266.jpg

音はピストンとバルブが突いた音でした。タイミングベルトがずれ
たのが原因のようです。リセスの際にバルブでめくられたような傷
があります。
26-6.jpg
26-7.jpg

カムを外した状態でもバルブが戻りきりません。バルブが首振って
いる状態です。ポート側から照らした明かりが漏れていました。
26-9.jpg
26-8.jpg

ひとしきり部品を出した後に、今日の打ち合わせでした。
オーバーホール&チューニングプラン詰めていきましょう!
26-10.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

営業開始です! [エンジンオーバーホール]

クロスロード小山は本日から営業開始です!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

作業はエンジンオーバーホールから。年末にプランが決まった車両
です。エンジン降ろしから作業を始めました。
6-1.jpg

皆さまにとって良い年でありますように!


nice!(0)  コメント(0) 

オデッセイV6 エンジンオーバーホール [エンジンオーバーホール]

エンジンオーバーホールのJ30Aエンジンも腰下、ヘッド回りと組み上げ
エンジン本体の組み立ては完了!
DSC02100.JPG
DSC02106.JPG
DSC02115.JPG
明日から車両に搭載していきます。

オデッセイV6 エンジンオーバーホール [エンジンオーバーホール]

J30エンジンオーバーホールは腰下の組み上げに入ってきました。
ピストンピンはフルフロータイプ。ピストンを70℃まで温めてピンを入れて
いきます。工業用ドライヤーで温めて赤外線温度計でチェックです。
30-7.jpg
30-6.jpg
30-8.jpg
シリンダーへピストンの挿入は特に慎重に・・・。オイルリングの合口
角度が近めで特殊な設定です。
30-5.jpg
バルブラッパーでのすり合わせ。キレイな当たりが出てきてシリンダーヘッドも
組み付け準備OK。24バルブはちょっと手がシビレましたぁ~
30-3.jpg
30-2jpg.jpg

オデッセイV6 エンジンオーバーホール [エンジンオーバーホール]

クランクシャフトの加工に時間が掛かってしまいましたが、RA5オデッセイの
J30エンジンオーバーホール&チューニング再開です。
21-3.jpg
21-4.jpg
ピストンとコンロッドの重量合わせ。純正ピストンは結構ずれがあって10グラム
の差になるところも。無駄な部分を利用して削って合わせていきます。これだけ
ずれていると効果も期待できそうです。

21-2.jpg
コチラはE92のパワーチェック。先日のC63に続き、ダイナパックは休みなしです。
DCTセミオートマはABSの介入があって少し苦労しました。フェールセーフはなんとか
解除。チューニング計画があるというオーナー様には、無事トルク&パワーグラフを
お渡しできました。
21-1.jpg
前の10件 | - エンジンオーバーホール ブログトップ