So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

本年もよろしくお願いします! [アライメント]

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
クロスロード小山本日より営業開始です。

4輪ホイールアライメントや車検、エンジン不調など、初日から
多数ご入庫いただきました。
7-4.jpg

タイヤが外減りするというW222メルセデスは、トーインに狂いが
ありました。測定データから明日不具合部位を検証していきます。
7-3.jpg
7-1.jpg

クロスロード小山は2020年もガンバッて参ります!


株式会社 クロスロード小山
〒230-0071横浜市鶴見区駒岡5-14-3
http://www.crossload.co.jp/
mail:crossload.koyama@nifty.com
TEL:045-575-3872
FAX:045-581-6360
nice!(0)  コメント(0) 

仕事納め

本日で仕事納めです。
構内のホコリを落として大掃除。新年を迎える準備ができました。
28-1.jpg
28-2.jpg

お客様をはじめ関係業者様には大変お世話になりました。
ありがとうございました。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!
28-3.jpg

株式会社 クロスロード小山
〒230-0071横浜市鶴見区駒岡5-14-3
http://www.crossload.co.jp/
mail:crossload.koyama@nifty.com
TEL:045-575-3872
FAX:045-581-6360
nice!(0)  コメント(0) 

高負荷テストはダイナで [ダイナパック]

高負荷時のみ出るトラブルを調べるのには、シャシーダイナモが有
効です。安全にトラブルチェックができます。
26-1.jpg

BFMRファミリアは燃料系のトラブル。
26-2.jpg

BD5レガシィはブースト系のトラブル。
26-3.jpg

二台とも無事に修理完了です。お休み前に間に合いました。
26-4.jpg


株式会社 クロスロード小山
〒230-0071横浜市鶴見区駒岡5-14-3
http://www.crossload.co.jp/
mail:crossload.koyama@nifty.com
TEL:045-575-3872
FAX:045-581-6360
nice!(0)  コメント(0) 

EJ20Gエンジンオーバーホール [エンジンオーバーホール]

BD5レガシィやカシミアイエローのGC8などと並行して作業を進め
ていたエンジンがあります。レアになってきたアプライドC型イン
プレッサのEJ20G型エンジンです。
27-1.jpg
27-2.jpg
27-3.jpg

WRXはオープンデッキ。計測した結果はシリンダーの歪みがありま
した。クーラントの様子からヒート歴もありそうです。
27-6.jpg
27-4.jpg
27-5.jpg

新品ブロックは後期用を流用します。これも計測してスタンダード
の中でサイズを選定します。
27-7.jpg

バリ取りしたシリンダーブロックはよ~く洗います。
27-30.jpg

オリジナルピストンは生産終了なので後期WRX用に。スカート寸法
がかなり変わりますね。使えれば強度のありそうなピストンです。
27-17.jpg

コンロッドやクランクはGDB用を流用。強化を図ります。
27-8.jpg

ブロックにメタルをセット。ペーストを塗って準備。
27-9.jpg
27-11.jpg

コンロッドを組み込んだクランク。GCに比べてロッド強そうです。
27-12.jpg

ブロックにクランクをセットします。対面のブロックを載せる準備。
27-13.jpg

ワイヤーを通してシリンダーにコンロッドが入るようにして、組み
合わせます。
27-14.jpg

トルク締め。ジャイロ付きのトルクレンチが便利です。
27-15.jpg
27-16.jpg
27-20.jpg

ピストンリングとピストン。エンジンに入ってしまうと見えなくな
るのが残念なほどキレイですよねぇ。
27-19.jpg
27-18.jpg

スライダーを使ってピストンを挿入していきます。
27-21.jpg
27-22.jpg

ピストンピンはブロックのサービスホールから。サークリップもロ
ングノーズプライヤーで組み付けます。
27-23.jpg
27-24.jpg

オイルパンを組み付けてシリンダーブロック側はひと段落です。
27-31.jpg

バルブのすり合わせ。当たり幅を広げ過ぎないように荒れたシート面
を修正します。終えた頃のメカはちょっと耳鳴りが…
27-25.jpg
27-26.jpg

ヘッドも洗浄後組み付け作業。バルブをセットしていきます。
27-28.jpg
27-29.jpg

燃料系もメンテします。インジェクターをIRSさんでオーバーホール
してレベリングインジェクターで噴霧量を揃えてもらいます。これが
結構効くんですよ、エンジンの調子に。
27-27.jpg

あ~長々と書いちゃいました。最後まで読んで頂いてありがとうござ
います。

(株)クロスロード小山
http://www.crossload.co.jp/
mailto:crossload.koyama@nifty.com

nice!(0)  コメント(0) 

GC8ベースエンジン分解 [エンジンオーバーホール]

現車に載っているエンジンがブローしたというGC8のオーナー様か
らの依頼で、ベースエンジンを使ってのオーバーホールです。補器
類付きで送られてきました。
15-2.jpg

分解を進めて汚れはあったものの、割と程度の良いエンジンかなと
思っていたのですが…バイト目も残っていますし。
15-9.jpg

計測してみたら、痛恨なところが見つかりました。シリンダーの歪
みです。スラスト方向に広がって真円度が限度を超えてしました。
15-1.jpg

ブロックは修正でいくか交換するか迷うところです。ピストンも
社外か純正O/Sにするかなど、オーバーホール方法は色々です。
たたき台のプランを立ててご提案しますので、もう少しお待ちく
ださい!
15-6.jpg
15-7.jpg
15-10.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

GH8にシュアトラックデフ [インプレッサ]

リヤデフに流用チューンのGH8インプレッサ。GCなどに使っている
シュアトラックLSDを組み込みます。
3-1.jpg

デフ本体はお客様のお持ち込み。右のオープンデフからファイナル
ギヤを外して、シュアトラックに移植します。
3-2.jpg

加工するのはキャリアの内側のでっぱりです。デフケースが入るよ
うにベルトサンダーで擦り飛ばし。ベアリングホルダーボルトの穴
が顔を出しますからシール処理は忘れずに。
3-7.jpg
3-3.jpg

無事にシュアトラックデフが収まりました。歯当たりやプリ、バッ
クラッシュを調整して完成です。
これでスノボへの行き来、安心ですね!
3-5.jpg
3-6.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

デルタ用エバポレーター改良品 [ランチア]

何度か試作を繰り返してフッティングや冷えを改良したエバポレーター。ランチアデルタ用です。右が改良品。
22-2.jpg
22-3.jpg
22-4.jpg
22-1.jpg

ヒーターケース脱着はやっぱりタイトですね。エンジンをちょこっとずらして滑り込ませるように組み込みます。定番の追加ヒーターバルブも見直したので動かしやすくなるはずです。
22-6.jpg
22-7.jpg
22-8.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

12日(土)は臨時休業します。 [お知らせ]

台風接近に伴い、明日12日は臨時休業にさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
皆さまもどうぞお気を付けください。
1011.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

PayPay使えます! [お知らせ]

「PayPay」が使えるようになりました!
クロスロード小山でのお支払いにご利用いただけます。
0502.jpg
05-1.jpg

※ポイント還元についてのご注意※
弊社はポイント還元事業加盟店に申請中ですが、今のところ認可
されておりません。10/5現在キャッシュレス事業ポイント還元は
されませんのでご注意ください。なおPayPayポイントや各種クレ
ジットカードのポイントはお客様のご契約通りとなります。詳し
くはスタッフまでお問い合わせください。



nice!(0)  コメント(0) 

BD5レガシィエンジンオーバーホール

オーバーホールが進んだBD5レガシィのEJ20エンジン。シリンダー
ブロックは新品、生産終了になっていたピストンはGC8WRXを流用
しました。
21-1.jpg

スラストメタルがひどく破損して、カウンターウェイトがブロック
に干渉していました。メタル片が回ったジャーナル・ピンも傷だら
けになったので、クランクやコンロッドも新品です。
21-2.jpg

シリンダーブロックにクランクをセットして、反対側のロッドを持
ち上げてドッキング。クルッと回してトルク締め。
21-3.jpg
21-4.jpg
21-5.jpg

ピストンスライダー、便利ですね。確実にピストンリングを縮めて
安心してシリンダーに入れられます。リングの位置もずれません。
21-6.jpg
21-7.jpg
21-8.jpg
21-9.jpg

摩耗したバルブも新品。バルブラッパーですり合わせ。キレイな当
たりがでました。
21-10.jpg
21-11.jpg

流用ピストンのクラウン容積容積やヘッド側燃焼室容積を実測。圧
縮比を確認します。
21-13.jpg
21-12.jpg

バルブクリアランスはアウターシムで調整。微調整してキッチリ同
調させます。都度カムを脱着しての作業です。
21-18.jpg
21-14.jpg

ここまでくればもう一息。ウォーターパイプなど不安なところも
要所交換しながら組み上げます。ターボチャージャーもリビルト。
もう少しで火が入りますよ!
21-15.jpg
21-16.jpg
21-17.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -